手書きの単語帳を活用

 

アンニョンハセヨ?/안녕하세요?💛

カイカ韓国語講師の孔美璟(ごん みぎょん)です。

 

今年に入ってから、授業で本題に入る前、

単語帳に書いた動詞・形容詞をプロジェクターに映し、

単語カードに🖊

それらの時制や活用形を復習しています。

 

なぜなら、生徒さんから、時間が経つと

前回に学んだ単語や文型を忘れてしまうと

聞いていたからです。

「基礎1」のクラスでは

動詞と形容詞の活用形を練習しています。

「基礎2」、「中級1」のクラスでは

さらに、反対語や連帯形まで進めます。

 

テキストに載っている単語を応用しているので

生徒たちには馴染みのある単語です。

 

一人ひとり、順番で知っているかどうかを試してみると

わかっている単語を与えられた生徒は正解をいい、

「やった!」と安堵します。

また、知っているのに口から出てこない、忘れた単語に

答えられない生徒は、

「悔しいな、次回まで覚えて来よう」と意欲も見せます。

単語帳を作るため、テキストから単語を調べ、時制別に分けて、

手書きで作成するまで 時間をかけて準備しましたが

楽しそうに授業を受けるのをみて嬉しかったです。

 

次回は慣用表現の韓国語を集めてみなさんと勉強しようと

準備をしています。

お楽しみにしてください

画像をアップロード

カイカで一緒に韓国語を学んでみませんか

ネイティブ韓国人講師と一緒に楽しく学べるカイカの韓国語教室。先生と生徒の距離が近く自然と韓国語が話しやすくなる環境で韓国語が学べます。まずは無料体験に参加してみませんか?

参考になったらお友達にも教えてあげて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。