経験から感じた敬語

 

アンニョンハセヨ?☺

韓国語講師の孔 美璟(ごん みぎょん)です。

 

先日、基礎2クラスの生徒から授業の合間に

ソウルで買い物に出かけて

「무엇을(ムオスㇽ) 도와드릴까요?(トワドゥリㇽカヨ?)」

意味を知りたいと問われました。

日本語では「なにかお探しでございますか」です👍

直訳では

「なにを助けてさしあげましょうか」という意味となります

こう説明したら、韓国語と日本語の敬語に

隔たりを感じたといいました📔

私は、この話をきいて

以前、都内の韓国会社で務めていたときに

両国の敬語・謙譲語表現の違いについて

現場で経験したことを思い出しました。

 

仕事を引く受けるとき、

「私がやります(제가 하겠습니다/ジェガ ハゲッスㇺニダ)」

いうのは、丁寧語で韓国も日本も同じです。

 

これを謙譲語にしてみると、

「私がやらせていただきます」「私にやらせてください」

ところが、韓国語では

「제가 해드리겠습니다/ジェガ ヘドゥリゲッスㇺニダ

(私がしてさしあげましょう)」となります。

 

韓国語には謙譲語があまり多くなく、

「해드리다/ヘドゥリダ、してさしあげる」というのが

代表的な謙譲語なのです☺

 

また、

「ご清聴下さり、ありがとうございます」

という挨拶を、

「私の話が皆さんの役に立てたら嬉しいです」

(제 이야기가 여러분에게 도움이 됐으면 기쁘겠습니다)

(ジェ イヤギガ ヨロブネゲ トウミ ドェッスミョン キプゲッスㇺニダ)

と、いう表現の方が相応しいし、

 

「この本を読んでいただいて、ありがとうございます」を

韓国語で訳するなら、

「皆さんと出会えて、とても嬉しいです」が

(여러분과 만나서 아주 기쁩니다)

(ヨロブンガ マンナソ アジュ キプㇺニダ)

適訳であったと覚えています。

 

日本語を学ぶ外国人も韓国語を学ぶ日本人も

敬語の難しさは同様で

やはり隔たりがあって、それぞれを正しく

使いこなすのはたやすいことではないと

生徒の話を聞きながら改めて実感しました。

画像をアップロード

カイカで一緒に韓国語を学んでみませんか

ネイティブ韓国人講師と一緒に楽しく学べるカイカの韓国語教室。先生と生徒の距離が近く自然と韓国語が話しやすくなる環境で韓国語が学べます。まずは無料体験に参加してみませんか?

参考になったらお友達にも教えてあげて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。