思いがけない質問

火曜日の朝8時半からはオンライン授業で

Tさん Nさん二人の生徒さんと勉強しています。

先週、授業の合間に

「アンニョンハセヨ?」の意味を知りたいと生徒さんから

問われました。

「アンニョン」「安寧」で、

「ハセヨ」「~でいらっしゃいますか」

つまり、「ご無事でいらっしゃいますか」という意味となります。

挨拶とはいえ、文法上は疑問文ですので

基本的に文末には「?」が付きます。

こう説明したら

Tさんは「韓国語の挨拶言葉が好きですが、本来の意味を知って

さらに好きになり、よく理解できました」と言いました。

 

韓国映画が大好きなNさんからも                  

「ドラマや映画をみると、スマホで電話を受けた人が、

『アンニョンハセヨ?』という場面をよく見ますが、

『もしもし』の意味にもなるんですか」という質問を受けました。

 

私は「いいえ, この場合は、相手をすでに知っているので

『もしもし』を省略して

『アンニョンハセヨ?(元気?)』とあいさつをしていると思いますよ」

と応えました。

 

ちなみに

「もしもし」の韓国語は「여보세요?(ヨボセヨ?)」と言います。

基本的に電話に出る時は「ヨボセヨ?」でいいですが

知っている人や関係性が近い相手であれば「アンニョンハセヨ?」と

挨拶をするのが最近では一般的です。

 

教室では最初

「アンニョンハセヨ?」から学びますが、

挨拶言葉なので丸ごと覚えるようにといいます。

なぜなら 

韓国語を知らない日本人でも

「アンニョンハセヨ?」を聞いたことがあるひとは多いので

改めて教えることはないと思っていたからです。

また、生徒さんからも質問を受けることはありませんでした。

 

しかし、今回生徒さんから思いがけない質問を受けて

何でも丸ごと覚えるのではなく、

色々な言葉の本来の意味もきちんと説明すると

もっと理解が深まることに気づきました。

 

TさんとNさんの韓国語に対する興味にとても感心しました。

また、

私自身も今後生徒さんから質問を受けなくても

言葉の成り立ちを説明することで

もっと韓国語に関心を寄せてもらう工夫をしていきたいと思いました。

画像をアップロード

カイカで一緒に韓国語を学んでみませんか

ネイティブ韓国人講師と一緒に楽しく学べるカイカの韓国語教室。先生と生徒の距離が近く自然と韓国語が話しやすくなる環境で韓国語が学べます。まずは無料体験に参加してみませんか?

参考になったらお友達にも教えてあげて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です