韓国のポップアート 民画(みんが)

 

先日、友人と目黒区鷹番にある

インヤンレスト(YINYANG+Rest)ギャラリーで

韓国民画家 池貴巳子(ち・きみこ)さんによる

韓国民画を描くワークショップに参加しました。

 

民画とは、貴巳子さんによると

「民画っておもしろいことに、デザインなんです。

もともと生活画で、屛風におめでたい絵が欲しいとか、

誕生日だから長生きするような絵が欲しいっていうような注文を、

注文主に合わせて描けばいいものだったんです。

絵を描く人だけの考えじゃなく、注文主の考えが

すごく反映されているって思います」

 

 

貴巳子さんとは以前

韓国の文化を紹介する出版会社で勤めていたとき、

何回かお会いしていたので

今度 数年ぶりに会うことができて

とても嬉しかったです。

 

この日、私と友人は

虎を描いてみることにしました。

なぜなら、来年は寅年であるということと

貴巳子さんが描き続けている愉快でかわいい虎の絵を

描いてみたかったからです。

https://www.instagram.com/kimichi5454/

また、

韓国の昔話といえば、「虎」

とてもユニークなキャラクターで

滑稽でお茶目な民画絵本を

子どもの頃によく読んでいました。

『お日さまとお月さまになったきょうだい』イ・ミョンミ:絵 ソン・ジェチャン:文 国民書館刊

『トラとほしがき』   キム・ファンヨン:絵 ウィ・ギチョル:文 国民書館刊

『あずきがゆばあさんとトラ』ユン・ミスク:絵 チョ・ホサン:文 アートン刊

 

韓国の童話の中でも代表的なこれらの三冊以外にも 

絵本はほとんど

“옛날 옛날에 호랑이가 담배 피던 시절에”

「むかーし、むかし、虎が煙草を吸っていたころ・・・」

で始まります。

みな虎が出てきて悪さをしますが

結局最後は虎が懲らしめられる話です。

虎は人間を襲ったり、食い殺す恐ろしい獣だと考えられていますが

時には山神の化身・使者として、人々に身近な存在でもありました。

そんなひょうきんで、おっちょこちょいの虎の話は

韓国の子どもたちの殆どが知っていると思います。

   

今回、貴巳子さんのワークショップに参加して

民画の面白さだけではなく

民画に様々な画風があるのは

注文主の考えが込められているからだということを

あらためて知ることができました。

 

帰りの道で友人と私は

次回また参加したいと話しました。

       

インヤンレストギャラリーで

毎月初めの日曜日にワークショップが開催しています。

ご興味がある方は、ぜひ、参加してみてください。

画像をアップロード

カイカで一緒に韓国語を学んでみませんか

ネイティブ韓国人講師と一緒に楽しく学べるカイカの韓国語教室。先生と生徒の距離が近く自然と韓国語が話しやすくなる環境で韓国語が学べます。まずは無料体験に参加してみませんか?

参考になったらお友達にも教えてあげて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。