アンニョンハセヨ!

カイカ韓国語教室は,

4月からコロナウイルスの影響でオンラインに切り替えての授業と

今まで通りの対面授業を両立してやっております。

コロナウイルスの影響は今後も続きそうで、

多くの生徒さんは引き続き、オンラインでの授業をしています。

ネット環境や家庭の事情でオンラインが無理な生徒さんは

来校での授業をしております。

先週、金曜日の授業で生徒さんと交わした話です。

生徒さんが

 “선생님!  어제 김밥을 만들었어요”(先生!昨日キㇺパㇷ゚を作りました)

と いいました。 

※キㇺパㇷ゚(김밥):韓国の海苔巻き

私が

“맛은 어땠어요?(味はどうですか)” と聞いたら

生徒さんは

“아주 맛있었어요. 우리 가족들도 맛있다고 했어요”

(とても美味しかったです。私の家族たちも美味しいと言ってました)

と答えてくれました。

 

続けて、私が次の質問をしました。

“기분이 어땠어요?”(気分はどうでしたか)

そうしたら、生徒さんが

“기분이 참 좋았어요. 다음에 다시 만들고 싶어요”

(気分がとても良かったです。今度もう一度作りたいです)

と答えてくれました。

私は、

“다음에 만들고 싶어졌어요”

と 言いました。

生徒さんは “다시” ではなですか

“또” と どう違いますか」と質問をしてくれました。

다시” “”は  「繰り返す

の意味があります。

日本語では「また、もう一度」と意味となります。

では、どう違うでしょうか

다시”は、間違った方向や方法を「正す、改める」意味があります。

例えば、

YouTubeでの動画で講義を聞きます。しかし、難しくて理解できません

または、うるさくて聞けません

この時は、

”다시 보기(もう一度みる)をします。

“또 보기”とはいいません、

今度は、皆さんが映画を観ました。その映画がとても面白かったです。

この時は、こういいます

“이 영화 진짜 재미있다. 영화를 봅시다” 「この映画本当に面白い。映画をまたみましょう」

このように言います。

 

もう少し、他の例を見てみましょう!

洋服の店で出るときに、

お店の人が 

“다음에 다시 오세요”(また来てください)

“다음에 또 오세요”(また来てください)

といいます。

この二つの表現をどう使い分けましょうか

皆さんが

服を買いにお店に入って気に入ったものがなくてそのまま出ます。

この時、お店の人はこういいます。

“다음에 다시 오세요”

※しようとしたことを上手く終えることができなかったから、

そのことをもう一度します。だから、“다시 오세요”といいます。

 

今度は、

その洋服店で気に入った服を買いました。

この時、お店の人は

“다음에 오세요” 

 

以下の例をもっとみましょう!

先生がいくつか単語を説明しました。

ところで、その単語を理解できませんでした。

“선생님 다시 설명해 주세요”

(先生!もう一度説明してください) といいます。

 

友たちとレストランで美味しく食べました。

“이 식당에 오자”

(このレストランにまた来ようよ!)

“이 음식 먹자”

(この料理また食べましょう!)

こういいます。

 

今日、学んだ “다시” “또”は、上手に使い分けることは出来たでしょうか!

この内容がまだ理解できませんでしたたら

다시 읽어 보세요”

(もう一度読んでください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です