「-이/가 아니에요」VS「-이/가 없어요」の使い方!!!

みなさん、

アンニョンハセヨ!!

お元気に過ごしていますか

コロナウイルスのパンデミック真っ只中にあります。

今月よりカイカ韓国語教室はオンラインによる授業を殆どの生徒さんと行っています。

今まで対面授業しかやってこなかったので機械類が苦手の私にとっては

苦しみでもありましたが少しずつ慣れつつ、工夫を重ねてやっております。

生徒さんの中にも初めて挑戦された方が殆どです。互いに試行錯誤しながらやっています。

 

事態が収束するまでしばらくはオンライン授業になりますがこの時間を学びの機会と

新たに捉えてみるのもいいかもしれませんね。

では、

今日は分かるようでつい間違いやすい「~ではありません」と「~がありません」を

勉強してみましょう!!!

☟下記表現をみてみましょう。

「-이/가 아니에요」VS「-이/가 없어요」を日本語に直すと

「~ではありません」と「~がありません」になります。

名詞の否定を表す表現

韓国語では 「-이/가 아니에요」 日本語では 「~ではありません」

名詞の存在の有無を表す表現

韓国語では「-이/가 없어요」 日本語では「~がありません」

 のときものときも日本語ではありませんを用いるから

韓国語に直す時に混沌してしまいます!!!

私は会社員ではありません「저는 선생님이 아니에요」

ただの名詞の否定です。

会社員の有無を言おうとしてはいないです。

저는 선생님이 없어요」(Χ)

また、次回お会いしましょう!!

参考になったらお友達にも教えてあげて下さい♪


カイカの韓国語 無料体験レッスン

era03カイカの韓国語体験レッスンで、どんなことを習いたいのか細かく確認させていただきます。

随時開催をしていますのでお気軽にお申込みください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です